syghの新フラグメント置き場

プログラミングTipsやコード断片の保管場所です。お絵描きもときどき載せます。

Windowsセキュリティ認証とネットワークパスワード

Windowsで共有フォルダーにアクセスする場合、セキュリティ認証のためのパスワード入力を求められることがあります*1

しかし、PCを再起動/シャットダウンするなどして、ログオンセッションが終了すると、再度入力が必要になってしまいます。

コマンドプロンプトでセキュリティ認証を実行する場合、以下のようにnetコマンドを使うことができます。

net use \\<IPアドレスもしくはホスト名>\<共有名> /user:<ユーザー名> <パスワード>

再入力の手間を省く方法として、コマンドをバッチファイルに書き込んでおいて、バッチファイルをスタートアップに登録する手法もあるのですが、パスワードを平文でテキストファイルに書き込むのはセキュリティ上のリスクがありますね。

代わりに「資格情報マネージャー」を利用するとよさそうです。

www.mtecweb.com

Windows 10の場合もコントロールパネルからアクセスできます。

*1:同一ユーザー名で同一パスワードの場合、パスワード入力なしに透過的にアクセスできます。