syghの新フラグメント置き場

プログラミングTipsやコード断片の保管場所です。お絵描きもときどき載せます。

最近のアニメのニチャア演出に吐き気がする

今年も80年代・90年代のアニメをもっぱら視聴していますが、最近のアニメ(主に2000年代以降)がますます嫌いになってきました。ただ、具体的にどういうところが嫌いなのか、言語化が難しかった。ですが、だんだん分かってきたように思います。

Tokyo MXで火曜の22時からドラゴンボールZの再放送をやっているんですが、その後の時間帯にガンダム系の番組が入っています。で、今日はどうもビルドファイターズ(2013年)の第1話セレクション放送だったようですが、冒頭のシーンがあまりに気持ち悪かったので速攻でチャンネル変えました。
まあアレは主人公の夢というか妄想なので気持ち悪いのは当然といえば当然なんですが、問題はその見せ方です。

謎の人物登場。顔全体は映さず、口元だけ映す。

ニチャア…と薄ら笑いを浮かべ、いかにも自信ありげなセリフをのたまう。

こういうカットが最近のアニメにはジャンル問わず非常に多いのではないかと。中身は男女問わずたいてい貧相な体格のクソガキ。これを今日「ニチャア口元カット」と命名しました。もしかすると機動戦士ガンダムシャア・アズナブルのような不敵な笑み、というつもりで演出しているのだろうか。だとしたら完全にスベってます。気持ち悪すぎる。シニカルでカッコいい「ニヤ……」ではなく、オタクが調子に乗ってベラベラしゃべるときのような、ホントに気持ち悪い「ニチャア……」って感じです。80年代のムキムキマッチョでゲスな悪役がよく浮かべる「ニタァ……」ですらない。
たぶん普段から「アニメを見てアニメを作っている」んでしょう。しかも「最近のアニメ」を見て作っている。なので、同じようなキャラクターデザイン、同じようなカット、同じようなモーション、同じようなセリフ、同じようなキャスティング、同じような音楽が量産されるわけです。気持ち悪い部分は気持ち悪いまま継承されます。

まあ口元だけ映してニヤ……というのはドラゴンボールZにもあるわけですが、なぜか不快感はないんですよね。キャラクター造形や声質の違いもあると思います。いきがるベジータに宇宙の帝王フリーザ様がニヤニヤしていても別に問題はない。デジタルアニメは絵がビビッドすぎるので気持ち悪い映像がダイレクトに伝わってくる一方、セル時代の作品はいい感じにボケて不快感が軽減されているという可能性もあるかもしれません。

ウイルスバスターのサイレントモードにひどいバグがある

更新期限が切れたら、もうウイルスバスターは使わないことに決めました。コイツの通知はうざすぎる。月次レポートの通知とかマジ要らないから。殺意が芽生えるだけだから。肝心のサイレントモードにも邪悪なバグがあり、とにかくクソすぎる。

サイレントモードが終了したときに勝手に通知を出してきやがって、「今後表示しない」をクリックしても、サイレントモード終了時に毎回同じ通知が表示される。通知をさせないようにするためのサイレントモードなのに本末転倒。非常に鬱陶しい。もう使いたくなくなるくらい邪魔でイライラする。サイレントモードは最長24時間だが、できれば永久にサイレントモードにしたい。もう一生黙ってろよ……

helpcenter.trendmicro.com
↑おまわりさんこのヘルプ嘘ついてます。

ユーザーコミュニティにも2021-03-29 09:05:36に同様のバグ報告が上がっているにもかかわらず、サポートからは頓珍漢で無意味な対策が提示されているだけで、放置されたまま。もうバカなの? 死ぬの?

まあTrend Microの本社が日本にあるだけで、日本人が開発しているわけじゃないからね。MS/Apple/Google同様、形だけの日本法人にはまったく使えない無能しかいないんです。

ウイルスバスターは企業向けのコーポレートエディション*1超弩級のクソなんですが、コンシューマー版もやはりクソです。メイン画面のどうでもいいクソダサUIアニメーションに金をかけるよりもまず動作を軽くしろよ。開発者の連中は実際に自分でウイルスバスターを使ってないから、こういうクソみたいな設計とバグを連発しても平気でいられるんだろうな。

最近はマルウェアの手口が巧妙化しているとはいえ、Windowsやブラウザの標準セキュリティ対策も年々向上していて、正直最低限のリテラシーさえあれば今はもうサードパーティのセキュリティ対策ソフトなんてぶっちゃけ使わなくてもいいくらいなんですが、エロサイトを巡回したり、プログラミング情報を求めて検索したりするとき、転ばぬ先の杖として心理的に一応入れておきたいんですよ。特に海外のサイトを訪問するときとかね。

ESETにしようかなと思ったんですが、コイツはメインモジュールのサポート期限切れと手動アップデートがクソめんどくさいんですよね。自分自身で上書きインストール&ブートストラップできない無能。しかし、勝手にメインモジュールを更新した挙句、OSのスリープ復帰時に毎回再起動を要求してくるウイルスバスターよりはマシかも*2。この再起動要求通知もサイレントモードでは無効化できません。あのー、これは俺のPCなんですけど? てめーの再起動よりも俺様の作業を優先させろっつーの。

2022-01-14追記:
最近のアップデートで、休止状態から復帰した直後にも更新をインストールするようになったようです。おかげでさらにクソ重たくなりました。本当に死んで欲しい。更新期限が切れる前におさらばするか……

*1:今は「Trend Micro Apex One」に名前を変えていますが、中身はまったく同じです。何も変わっていません。

*2:「PCは毎日シャットダウンするし、コントロール性やカスタマイズ性は特に要らないから、なんでもかんでもシステム側にお任せしたい」というライトユーザーには、自動更新や自動再起動は適しているのかもしれませんが。このあたりは、Windows 10の半強制Windows Updateと同様ですね。時代の流れというべきなのか。

干支の哺乳類びいきは異常

干支の発祥は中国で、今年は寅年ですが、猫年がない理由は諸説あるようですね。ネズミに騙されて、神様に年頭の挨拶に行く日を間違って教えられたという昔話が有名ですが、世界には猫年のある国もあるようです。

改めて、よく考えてみると、干支(十二支)のメンツはほとんどが哺乳類で占められています。巳(蛇)は爬虫類、辰(龍)も想像上の生物ですがたぶん爬虫類、酉(鶏)は鳥類ですが、あとは全部哺乳類です。魚類や両生類はいません。なぜなんだろう。そういえば、昔話で犬猫のような哺乳類が人間と話すことのできる作品というのはありふれていますが、魚やカエルが人間と話すことのできる作品というのは極めてレアな気がします。鳥は舌切り雀や桃太郎などがありますが。

ガンダムSEED DESTINYの感想

前作SEEDはTokyo MXの再放送を2016年に観ていたんですが、今年の3月からGyao!でDESTINYのリマスター版を無料配信していたので観てみました。しかし感想文をざっと書いて放置していたのを今日思い出したので一応公開しておきます。随所でDESTINYは酷評されていたので、一体どこがどうひどいのか恐る恐る確かめてみましたが、確かに こ れ は ひ ど い ですね(CV: ニャンちゅう)。なお、オリジナルのTV版は未視聴です。

以下、ネタバレを含むので要注意。

続きを読む

C/C++がクソ言語である最大の理由

C/C++には公式の言語リファレンスが存在しません。言語仕様や標準ライブラリ仕様を正確かつ明快に記述した無料の公式オンラインドキュメントが存在しないんです。
正直、これは致命的とも言えるレベルの欠陥だと思っています。これがクソ言語たる最大の理由です。

Q. Cで分からないことがあるんだけど、これは何を調べればいいのかな?

A. ISO/IEC 9899 を読め。

Q. C++で分からないことがあるんだけど、これは何を調べればいいのかな?

A. ISO/IEC 14882 を読め。

JavaC#のようなまともな言語とその標準ライブラリには、公式のオンラインリファレンスマニュアルが存在しています。日本語版は翻訳の品質が低くて嘘が書かれていることも多々ありますが、少なくとも英語版を読めば正しい最新情報が誰でも得られるわけです。翻って、C/C++にはそんなものありません。一応 cppreference.com というWikiサイトはあるんですが、実はWikipediaと同様、匿名で誰でも内容を書き換えることができてしまいます。当然、嘘や不正確な情報が書かれている危険性もあるわけです。ユーザー数の多い英語版は大抵間違いに気づいた人が修正をかけてくれていますが、ユーザー数の少ない日本語版は放置されていることが多いです。正確な情報を得るには、規格書を読むしかありません。しかし無料で公開されているのはドラフト版のPDFのみだったりします*1。こんな中途半端なシロモノを誰かに勧めることができますか?

他にも日本語ではcpprefjpというサイトもありますが、ここもやはり間違いが含まれていたり、言語仕様全体を網羅していなかったりと、包括的に利用できるレベルには到達していません。

過去の記事で以前も述べたことがありますが、ハッキリ言ってC/C++というのは21世紀の新しいアプリケーション開発で採用するべき言語ではありません。今よりずっと貧弱だった、いにしえのコンピュータにおける制約に由来する未定義動作や未規定動作/処理系依存動作があまりに多すぎる*2*3。つまりプログラマが事前に注意すべき事柄があまりに多すぎて、おいそれと触ることができなくなっているからです。言語仕様を完全に理解していないと将来に渡って禍根を残す地雷を埋設してしまう羽目になるような言語、自分の脚を撃ちぬくことも簡単にできてしまうような危険な言語を、誰かに勧められるわけがないでしょう。ましてやプログラミング初心者であればなおさらです。もし初心者が最初に触れる言語がC/C++であったら、それは不幸でしかありません。プログラミングが嫌いになる可能性が非常に高くなるだけです*4。教える側もつらい。C/C++は、生のハードウェアやオペレーティングシステムに近い層にアクセスし、コンピュータの動作を理解するには最適な言語であり、今後もバックエンドの記述向けには一定のシェアを維持していくでしょうが、そうでないケースでC/C++を採用するというのは、あなたの時間をドブに捨てているのと同じです。
さあ、アプリケーションプログラマは今すぐC/C++をドブに捨てて、人間にやさしい真の高級言語を選択し、あなただけの優雅で知的な時間を確保しましょう。

*1:最近は言語仕様改訂の頻度が上がっているのですが、有用な機能以上に自己満足的で余計なオナニー機能が多数追加される事態になっています。C++20でchar8_t型を追加した際、既存のUTF-8リテラルの型を変更してしまうなど、破壊的な仕様変更すら入るようになりました。JavaC#も以前より仕様改訂の頻度が上がっているものの、かなり慎重に後方互換性に配慮したアップデートがされていますが、C++はダメですね。仕事が雑すぎる。C++11で息巻いて追加したライブラリも、C++17以降で非推奨となったものが多々あります。標準化委員会は現実を知らない頭でっかちな連中ばかりで、そのうえ思慮が浅く、実際のアプリケーションなどひとつも開発したことがないんでしょう。

*2:コンパイラが出す警告やエラーに関しても、詳細は処理系に委ねられており、処理系Aでは警告/エラーが出ないのに処理系Bでは警告/エラーが出る、といったことは日常茶飯事です。異なるコンパイラを使うC/C++プログラマは、互いに会話が通じません。移植性のない不適切なコードを書いてしまっても警告が出ないことも多く、プログラマに重い負担がのしかかります。一方JavaC#は、コンパイラの実装がほぼ公式一択なので、こういった処理系間の差異に頭を悩ませる必要がないという点も使いやすさに拍車をかけています。

*3:C/C++がどのくらい雑に設計されたゆるふわクソ言語であるかは、次の資料を軽く読むだけで分かります。標準規格と処理系 - cpprefjp C++日本語リファレンス

*4:自分は学生の頃、最初に購入させられたテキストが『プログラミング言語C(通称K&RのC)』でした。この本の難解さには定評があり、案の定Cのポインタで挫折しかけたのですが、『C言語ポインタ完全制覇』という良書に出会って克服し、また『Delphiオブジェクト指向プログラミング』という良書に出会って(C++ではなく)Object Pascalで最初にオブジェクト指向を学習したため、幸いにもプログラミングを武器にして生き残ることができました。

美少女アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

10月に『ロン 僕のポンコツ・ボット』を観ました。最高に面白かったです。ファミリー向けですがお勧め。
eiga.com

鑑賞後、何か他にも面白い映画がないか前売り券を探していたときに見つけたのが『アイの歌声を聴かせて』でした。
eiga.com

学園青春モノか……うーん、自分はあまり趣味じゃないんだよな……と思っていましたが、観てよかったです。ツッコミどころも多々ありますが、鑑賞中スクリーンから一度も目が離せなかったということは面白かったということなんだろう。

どちらの作品も前情報一切なしで鑑賞に臨んだんですが、示し合わせて制作したのではないかと思うくらい、驚くほど共通点がありました。一応ネタバレは避けるために核心には触れませんが、ロボット(あるいはアンドロイド)と人間との共生、そして少年少女の自立というものがテーマだったのではないかと思います。『ロン』ではネットワークに接続した「Bボット」を通じて、流行りのSNSに依存する子供たちが描かれます。『アイ』では生活の隅々までAI機器が浸透した近未来が描かれます。正直、自分にとってはどちらの世界も便利というよりはディストピアに見えてしまうのですが、近いうちに似たような技術は出てきて、現実が空想をあっという間に追い越してしまうのではないかと思います。

SF作品というのは往々にして、どうも現実世界における現在(作品制作当時)の技術の延長線上にあるものを小道具として使うことが非常に多いです。それが脚本家・演出家の発想の貧困や想像力の限界によるものなのか、それとも今を生きる観客に親近感を持ってもらうためにあえてそうしているのかは分かりませんが。SNSにしろスマートフォンにしろ、10年後にはまったく別のものに取って代わられているかもしれない流行りのものを画面に出すということは、表現が陳腐化してしまう危険性もはらんでいます*1。例えば『超時空要塞マクロス』(1982) では、移動する公衆電話というデバイスが出てくるのですが、作品の舞台となった2009年の時点で、現実世界ではすでに携帯電話が十分に普及しており、日常的に公衆電話を使う機会は失われてしまっていました。『機動戦士ガンダムSEED』(2002) や続編の『SEED DESTINY』(2004) でも、フィーチャーフォンのような携帯デバイスが出てくるのですが、そのデザインは現実世界の2000年代初頭にラインナップされていた製品そのものでした。今観ると完全に陳腐化しています。バルキリーモビルスーツのようなすごいテクノロジーがあるというのに、どうして現実世界においてすでに過去のものとなった古臭いデバイスどもが同じ時間軸に出現するのか*2

話が逸れました。本当に語りたかったのは、両作品にそれぞれ登場するロボット、「ロン」(日本語吹替CV: 関智一) と「シオン」(CV: 土屋太鳳) の可愛さです。いやあ、メロメロになりましたね。二人(二体?)とも、ロボットらしく健気というかまっすぐなんですよね。融通が利かない。でもひたすらに一生懸命で、そこがいとおしい。バッテリーが切れそうになって動きが鈍くなり、それでも最後の力を振り絞って歩こうとするシーンは心打たれ、悲しくなります。ポンコツと称されていますが、故障して動作がおかしくなっていたロンはともかく、シオンは他とまったく違うワンオフ機で、完全にオーバーテクノロジーです。『アイ』の世界観では、二足歩行の人型ロボットはいても、特定の用途に特化した、いわゆる弱いAIの延長にあるものばかりで、外観もペッパー君やロビのような「ザ・ロボット」といった感じです。そこにシオンのような人間とほとんど区別がつかないレベルのロボットが唐突に出てくる異様さ。正直AIが云々より、このハードウェア技術のほうが驚異的です。しかもとびきりの美少女ときた。いったい誰の趣味だよ。サンダー(柔道部のクラスメートのあだ名)の気持ちが痛いほどよく分かります。

しかし主人公・サトミの母親(シオンの開発責任者)はなんというか……ダメな大人の典型ですね。子供より精神年齢が低い。そもそも、なんで社外秘の機密事項を子供でも見られるカレンダーに入力してるんだよ……こんなセキュリティ意識ガバガバの会社の製品なんて買いたくないぞ。詳しくは伏せますが、もとはと言えばアンタのせいじゃねーか、むしろ本来アンタが土下座して謝るべきでしょうが、と言いたくなる場面が何度もありました。

*1:要は設定の作り込みをどこまで本気でやるかということなんですが、一瞬だけ話題になればそれでいい刹那的な作品なのか、それとも10年いや20年経っても鑑賞に耐えうる作品としたいのか、という作り手の姿勢によっても変わってくるかもしれません。

*2:NECPC-98シリーズが全盛だった時代は、近未来SFアニメであっても登場するコンピュータはみんなPC-98風のデザインで、モニターもブラウン管、メディアはフロッピーディスクでした。ただ、制作当時のコンピュータ事情も知ることができるという点では資料的価値があるとも言えます。

らんま1/2

tvkで現在「らんま1/2」を再放送しているんですが、TVアニメのらんまは結構ストーリーが改変されてるんですよね。今回の「爆走!雪だるま運びレース」は雪山が舞台でしたが、原作では海*1でした。せっかくの水着回をなぜ改変したし……(泣)
作画は素晴らしく良いし話も面白い、音楽も効果音も声も最高なんですが、やっぱり原作漫画のほうが好みですね。猫拳初出の回や格闘出前レースの回、ムース登場回も原作のほうが好きです。さらに言うと、なんとなく80年代の名残と温かみがある原作序盤の絵柄が大好きです*2。久しく帰っていない実家には、オリジナル装丁の単行本が全巻あるんですが、読み返したくなってきました。ちなみに新装版は全然ダメですね。物足りないんですよ。新旧どっちがコレクションしたくなる表紙か、一目瞭然です。Kindle版もオリジナル装丁にすればいいのに。ドラゴンボールのコミックスも新装版や完全版より当時のオリジナル装丁のほうが好きですね。こちらも実家には全巻あります。

最近のアニメは深夜枠であっても乳首とかTV放送では一切出さなくなってつまらない限りですが、昔はゴールデン枠でも乳首くらいは全然OKでした。とはいえ昨今の下品なエロアニメ*3と違って、らんまのお色気は爽やかで自然なので、別にお茶の間が気まずくなるようなものでもないんですが。

女らんまはたぶん自分にとって初恋のキャラクターだったと思います。特に「おさげの女」にぞっこんの変態九能帯刀が出てくると俄然話が面白くなります。シャンプーやかすみさんも可愛いんですけどね。今は録画とか定額配信とか、ハードウェアや視聴環境の面では恵まれていますが、リアルタイム視聴に関してはたぶん昔のキッズのほうが面白い作品に恵まれていたんじゃないかと思います(思い出補正抜きで)。特に名作劇場があったのが大きい。

そういえば同時代のTS (trans-sexual: 性転換) モノとしては「ふたば君チェンジ」もありましたね。この作品もオリジナル装丁のほうがいいな……

book.dmm.com

週刊少年ジャンプに連載されていた漫画「まじかる☆タルるートくん」でも性転換ネタがありました。主人公・江戸城本丸が魔法アイテム・ホルモンガーを飲んで一時的に女体化し、丸恵ちゃんとなるのですが、ヒロインの伊代菜ちゃんに負けず劣らず結構可愛いのです。日曜朝に放送されていたアニメも観ていました。もちろんオリジナル装丁の原作コミックスが実家に全巻あります。

TS作品は男性作者と女性作者での視点の違いを比較したりすると面白いです。それにしても、昔の漫画・アニメのほうが絶対面白いですね。

*1:イカ割りが食べ物を粗末にするということでダメだったんですかね。だったら出前レースのおかもち返しはどうなんだ。PTA対策だったのかもしれませんが、乳首出しているお色気アニメの時点でへったくれもないだろうに……

*2:ああっ女神さまっ」や「まじかる☆タルるートくん」も序盤の絵柄のほうが好みです。「るろうに剣心」も連載当時は京都編あたりのスタイリッシュな絵柄が好きでしたが、最近は序盤の絵柄のほうが良かったなと思っています。連載が進むと線が減ったり細くなったり抑揚がなくなったりして絵柄が硬質になり、残念な方向に変化してしまう漫画家が非常に多くて悲しい。

*3:やたらめった乳をバネのように不自然にぽよんぽよん揺らすばかりで、お色気とお下劣を勘違いしている、画一的でレベルの低い作画ばかり増えています。デジタルに移行してから特に顕著。これでは規制されても文句は言えないかも。