syghの新フラグメント置き場

プログラミングTipsやコード断片の保管場所です。お絵描きもときどき載せます。

FirefoxでGoogle検索結果から特定のサイトを除外する

安全・快適なインターネットライフのために、Google検索結果から不快・不正なサイト(NAVERまとめとか)は除外したいですよね。

Firefox Quantumより前のバージョンでは、「Hide Unwanted Results of Google Search」というアドオンを使っていました。このアドオンの素晴らしいところは、ワイルドカード正規表現で除外したいサイト・ページを柔軟に指定することができた点です。しかし、Quantum (v58以降) では仕様変更により、古いアドオンが使えなくなりました。「Hide Unwanted Results」はその後更新されておらず、Quantumに対応していないので非常に残念です。

Quantumに更新した後、現在は「Personal Blocklist (not by Google)」を使っています。もともとGoogle Chrome向けの公式アドオンとして公開されていた「Personal Blocklist (by Google)」を、Firefox向けに書き直したものだそうです。

ただ、残念ながらこのアドオンは「Hide Unwanted Results」と違い、ドメイン/ホスト単位でしか除外できません。たとえばQiita (qiita.com) から特定のユーザー*1のページだけを除外する、ということはできないわけです。

*1:Qiita自体は有用で参考になりますが、他のユーザーをバカにした不快なコメントを連発している傲慢なユーザーや、コメント欄でたびたびケンカ・炎上させているようなユーザーのページは検索結果にすら表示させたくないです。